Skip to content

3Dのアセット作成とインテグレーションワークフロー

KUESA 3D Studio は、デザイナーや開発者が 3D またはハイブリッド 2D / 3D の Qt アプリケーションで、リアルタイム 3D コンテンツの作成及び最適化を⾏い、統⼀したインテグレーションを可能にするワークフローを実現する製品です。 KUESA 3D Studio は、組み込みアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションの両⽅に対応しています。

KUESA 3D Studio のワークフロー

アプリケーションにリアルタイム3Dのコンテンツを埋め込むには2つのワークフローが存在します:

  • 手作業によるワークフロー:デザイナーがシーンの動画を作成し、ディベロッパーがそれをコードで実現する方法で、コミュニケーションのコストが高くミスコミュニケーションによる手戻りも多く発生します。
  • ツールを利用したワークフロー:デザイナーとディベロッパーが共通のツールを利用してシーンの生成やアプリケーションへの結合をする方法ですが、ツールによる制限が大きく、またブラックボックスになりがちです。

KUESA 3D Studio は、デザイナーとディベロッパーに制約のない簡単で共通のワークフローを提供します:

  • デスクトップでも組み込みでも最高のパフォーマンスを発揮します
  • 高品質なリアルタイム 3D シーンを作成できます
  • デザイナーが使う 3D デザインツールの表現力を完璧に再現します
  • ディベロッパーはシーンを完全に制御することができます
  • 開発期間を大幅に短縮することができます

KUESA のワークフローは、Khronos Group が制定した glTFTM (GL Transmission Format) というロイヤリティフリーの仕様に基づいていて、ベンダー拡張に対応した形でアプリケーションから3D シーンやモデルのロードやそれらの受け渡しをすることが可能になっています。

KUESA 3D Studio のメリット

  • 3ds Max® や Blender といったプロフェッショナルな 3D のデザインツールを利用できます
  • アセットのプレビュー、最適化、確認のためのツールを提供します
  • Qt および Qt 3D のアプリケーションにシームレスに統合可能です
  • シーンの様々な要素の制御をコード側から簡単に行えます

KUESA 3D Studio のコンポーネント

KUESA digital content creation (DCC) プラグイン

デザイナーが利用する 3D デザインツールのプラグインで、3D シーンを glTFTM 形式でエクスポートすることができます。

KUESA ツール群

デザイナーやディベロッパー、CI で使われる様々なツールで、アセットのプレビューや調整、確認や最適化などのために使います。

KUESA 3D ランタイム

Qt および Qt 3D 上で動作する複数のライブラリで構成され、ディベロッパーがアプリケーションに 3D のシーンを組み込む際に利用します。高レベルな API を提供し、3D シーンをすべて制御することが可能です。

KUESA Pipeline

デザイナーからみた KUESA 3D Studio

デザイナーは使い慣れた 3D のデザインツールで 3D のシーンを作成することができます。3ds Max® や Blender などを利用し、効率よく美しいアニメーションを作成してください。デザインツールに KUESA DCC プラグインをインストールすることで以下の機能が追加されます。

  • マテリアルのサポート:KUESA 3D Studio でサポートされているマテリアルのセットがエクスポート時に使われます
  • その他の機能:後工程でディベロッパーが利用する(レイヤーといった)プロパティやアイテムが利用できます
  • glTFTM エクスポーター:現在のシーンを glTFTM 形式でエクスポートします

KUESA 3D Studio は現実世界の物理を近似した PBR(物理ベースレンダリング)マテリアルを利用し写真レベルの表現を実現しています。デザインツールとアプリケーション側のエンジンで同じマテリアルを利用しているため、デザイン時の見た目がそのままアプリケーション上で動作します。

シーンのエクスポート後に、デザイナーは KUESA 3D Studio が提供するアセットパイプラインエディターなどのツールを利用してアセットの確認をすることが可能です。

ディベロッパーからみた KUESA 3D Studio

ディベロッパーは KUESA 3D Studio のツールを利用してアセットのプレビューや調整、確認、最適化を行うことができます。例えば、アセットパイプラインエディターでは、プレビューによる確認とシーンの走査が可能です。

KUESA 3D ランタイムは(KDAB のエンジニアが開発、メンテナンスをしている)Qt 3D 上で動作するため、Qt アプリケーションにシームレスに統合可能で、以下の機能を提供します。

  • KUESA の独自拡張を含めた glTFTM ファイルのインポート
  • PBR マテリアルのサポート
  • 最適化されたフレームグラフ(OpenGL のパイプライン設定のハイレベルな実現レイヤー)を提供
  • コレクション機能を利用したシーンのアイテムへのフルアクセス

KUESA 3D Studio は Qt の 3D および 2D/3D のハイブリッドアプリケーションにシームレスに組み込むことが可能です。ディベロッパーは C++ や QML の API を通して 3Dシーンのすべての内部情報にアクセスすることが可能で、特殊なエフェクトを追加したり、お使いのハードウェアに最適化したフレームグラフを生成したりすることができます。

実際に使ってみましょう

KUESA™ 3D Studio は AGPL および商用ライセンスで利用可能となっており、ソースコードは github 上で公開されています。

実際の使用方法に興味がある方は、KDAB の Timo Buske による、デザイナーからディベロッパーへのワークフローのチュートリアル動画をご覧ください。

本格的にご利用をお考えの際は、以下まで連絡をいただければと思います。

tQCS Inc. は北欧の組み込みのソフトウェアとハードウェアのソリューションを各地でコンサルティングとして展開しているリーディングプロバイダーです。テクノロジーとソリューションとコンサルティングの組み合わせで、最先端のアプリケーションやサービスを提供しています。

最後となりましたが、以下から KUESA の car scene デモをダウンロードして実際に動作確認をしていただくことが可能です。

KUESA 3D Studio を導入される際には、KDAB のエンジニアがオンサイトのトレーニングやワークショップの開催や、ワークフローのインテグレーションやカスタマイズ、最適化などのお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。